金網専門販売サイト:金網屋どっとネット

各種金網製品の300超の画像、詳細情報、加工・施工事例、技術情報を網羅した、国内最大規模の金網販売用Webカタログ。

溶接金網(WM)    (鉄溶接金網 Welded Steel Wire Fabrics JIS G 3551)




当社では、JISで定められた鉄製溶接金網(JIS 3511)をはじめ、ステンレス(SUS304)製品やや製
法はほぼ同じながら、比較的線径が細く、網目やメッシュが細かい「ファインメッシュ」と呼称される製品
を規格製品を販売しております。このペ-ジでは、溶接金網の製品の特徴や性質、御用途などご説明
し、下記に金網の種類と材質別に分けられた画像付きリンクを用意しておりますので、クリック頂くと目
的のペ-ジに行くよう配置しております。ご不明な点は当社営業部までお問い合わせ下さい。

溶接金網とは、縦・横の線材を直角に重ね、これをスポット溶接(電気抵抗溶接)によって加熱して溶融
に近い状態にして、適当な機械的圧力を加えて線材を溶接する事で製造される金網です。

溶接金網製造技術の発端は、1850年(嘉永3年)頃、フランス人と英国人によって、鉄鋼で補強してコン
クリ-トの抗張力を高めるために考案されたのが始まりで、その後この技術がドイツ人によって鉄道や
土木工事に採用されて急速に一般に普及されるようになっていきました。

我が国における溶接金網の歴史は、終戦後、駐留米軍の基地建設工事としての需要が最初であり、1948年(昭和23年)頃からこうした需要に応じて溶接金網の設備が出現し、溶接金網が軌道に乗り、各産
業界や建設省などの国内工事に積極的に採用されるようになりました。

今日でも、土木工事のコンクリ-ト補強工事や、フェンスや手摺用、落下防止やキャットウォ-クなどの建
材用、また装飾や什器用の金網として使用されています。また溶接金網製品の中で比較的網目が細かく
線径が細い網の呼称『ファインメッシュ』は、織金網やクリンプ金網が使用されている防鳥用金網や間仕
切用金網に、交点が溶接されていて比較的こまかい網目で構成されている利点から採用される事が多く
あります。

溶接金網製品の詳細は、下記にブロックごとにまとめていますので、ご覧下さい。
下の画像リンクをクリック頂くか又は、テキストリンク(文字)をクリックして頂きますと
各材質や項目別の溶接金網商品ペ-ジへ移動しますのでクリック下さい。

ステンレス溶接金網
ステンレス溶接金網

鉄溶接金網
鉄溶接金網

ステンレスファインメッシュ
ステンレスファインメッシュ

亜鉛メッキファインメッシュ
亜鉛メッキファインメッシュ

溶接金網別注製作品
溶接金網別注製作品

ス-パ-クロスメッシュ
ス-パ-クロスメッシュ


『溶接金網』は別名『ワイヤ-メッシュ(WM)』とも呼称され同じものです。また『ファインメッシュ』も基本的
に溶接金網と製法や見た目も同じものです。比較的線径が細く、網目が細かい物を一般的な溶接金網
と分ける為に呼称しています。またファインメッシュは溶接金網がフラットな状態で在庫されているのに対
しファインメッシュは基本的に巻いて在庫しています。フラットでの出荷をご希望の方は、御指定頂く必要があります。

ワイヤ-メッシュ(WM)もファインメッシュも縦線と横線の交点がスポット溶接されている金網ですので、
任意の寸法に切断してもほつれる事がない事がメリットです。(平織金網等は交点固定なし)

ただ、網目(メッシュ)の細かいものはなく、ファインメッシュで6.35mmP(網目5.5mm程度)が一番細
かい網となります。

詳しくは、上記のカテゴリ-別のペ-ジで御確認下さい。

鉄製溶接金網使用線材   下記表の SWM-Pとなります。                (一覧表クリックで拡大)

鉄溶接金網使用線材
鉄溶接金網使用線材


溶接金網関連ペ-ジ(金網の基礎知識より)
下記は本サイト内の「金網の基礎知識」の中から、溶接金網やファインメッシュに関する製品説明をピック
アップしたリンクです。その他溶接金網に限定しない金網全般の説明もかなあ基礎知識で御確認下さい。


溶接金網の出荷方法

周囲だけ2重ダンボ-ルで覆う場合

溶接金網の発送の梱包例
溶接金網の発送の梱包例

溶接金網の端部はほとんどの場合突出している為、
ダンボ-ルを2重以上にして補強して、左記の画像
のように梱包して出荷する場合が多くあります。

廻りのダンボ-ルが弱いと線が突出す事がある事
廻り以外をあけているのは持ち運びしやすい為
でもあります。

多量の際には、スキットにラップで梱包したりします。

溶接金網の突き出しなし切断ご希望の場合


溶接金網はすべての交点がスポット溶接されてい
ますので、加工時には基本的に交点より縦線及び
横線とも突き出しがある状態になっています。

規格在庫品も同条件ですが、お客様のご希望寸
法に切断し、かつ端部に突き出しのない条件を
求められる事がありますが、左画像のように突出
しなしを目指しますが誤って縦線または横線を
欠ける危険性が有る為、1mm程度出るイメ-ジ
になります。また縦線横線の断面形状もご覧く
ださい。

鉄及びステンレス溶接金網規格在庫品のデ-タ(重量・目数・突出し寸法)一覧表

※ 下記一覧表は、クリックで拡大します。





【当社取扱材質】
鉄線材 :鉄線・亜鉛鍍金(めっき)線(G1/G2)・なまし・鋼(はがね)線・ビニ-ル被服線・硬鋼線・カーボン線他
鉄板材 :鉄板(SPCC・SPHC-P・SS400・SS41 ) 表面処理鋼板(ボンデ・亜鉛鉄板(SPG)・スーパ-ダイマ)
ステンレス線材 :SUS304・SUS316・SUS316L・SUS310・SUS310S・SUS430・Ni(ニッケル) 他
ステンレス板材 :材質は線材同様。表面仕上(N0.1・2B・BA・HL(ヘヤ-ライン)・鏡面・バイブレ-ション)他
アルミ線材 : 純アルミニウム・アルミニウム合金 他
アルミ板材 : A1050P・A1100P・A5052P・A6063他 アルマイト仕上材・輸入アルミ材 他
その他の取扱金属 : 真鍮・銅・ブロンズ・リン青銅・チタン・インコネル・ハステロイ 他

【当社金網製品加工】
ハサミ切断・ハンドシャ-・台切り・スリッタ-・型抜き・プレス加工・セットプレス・金網曲加工・シャ-リング
曲加工(各種ベンダ-・折り曲げ機・ロール)・レ-ザ-加工・タレパン加工・パンチ加工・セットプレス
旋盤加工・エンドミル切削・ボ-ル盤穴明・各種溶接加工(アルゴン溶接・スポット溶接・半自動溶接他) 他

【当社取扱製品表面仕上】
焼付塗装(アクリル焼付塗装・ウレタン焼付塗装・フッソ焼付塗装・メラミン焼付塗装・粉体焼付塗装・錆止め他)
各種研磨仕上(ヘヤ-ライン・バイブレ-ション・サテン・鏡面他) 
ショット仕上(サンドブラスト・ビ-ズショット他)
アルマイト仕上・電解着色仕上・電解研磨仕上・ワイヤ-ブラシ仕上・各種錆(さび)仕上
各種染色仕上(黒・赤)他

【当社製品寸法の単位表記】
mm(ミリ)・m(1m=1000mm)・尺(1尺=303.03mm)・寸(1寸=30.3mm)・フィ-ト(1フィ-ト=304.8mm)・㎡(平米)
μ(ミクロン) 1000μ=1mm・kg(1kg=1000g)・mesh(メッシュ) 1インチにおける網目数・mm目・φ(パイ) 他

【当社取扱製品のJIS規格】
エキスパンドメタル JIS G 3351 ・ 溶接金網 JIS G 3511 ・ 菱形金網 JIS G 3552
 クリンプ金網 JIS G 3553・亀甲金網 JIS G 3554 ・ 織金網 JIS G 3555
工業用織金網 JIS G 3556 ・ 標準ふるい JIS Z 8801-1

【建設業の許可】
大阪府知事許可(般-21) 板金工事業/内装仕上工事業   2級施工管理技士在籍。

金網どっとネット サイト内LINK

金網関連おすすめサイト

金網屋どっとネット mail@kanaamiya.net   運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
.