金網専門販売サイト:金網屋どっとネット

kanaami/mesh

各種金網製品の300超の画像、詳細情報、加工・施工事例、技術情報を網羅した、国内最大規模の金網販売用Webカタログ。

亀甲金網  Hexagonal Wire Netting  JIS G 3554





亀甲金網(きっこうかなあみ)は、金網の中でも最も古い歴史を持ち、一般的にも広く親しまれている
金網です。亀甲金網の歴史をさかのぼると、1615年(元和1年)に建てられた大阪府羽曳野市の吉
村邸(重要文化財)の納屋の窓に銅製の亀甲金網が張られていた事からかなり古くからつくられ、
使用されていた事がうかがえます。

この亀甲金網が一般に普及されたのは、伸線技術の著しい向上により銅線、真鍮線、鉄線などの
材料が豊富に供給され出した頃で、大正の初期に亀甲金網製造機が輸入そして国産機の開発さ
れ、その後さまざまな改良により生産性が飛躍的に向上し、現在のような量産時代を迎える事にな
りました。

亀甲金網は、隣接する線をねじり合わせて網目を六角形、すなわち亀甲状に形作ったものですの
で、切断したり、引き伸ばしても金網としてほつれる事が少ない事や網幅に対して耳部分が設けら
れている為、巻いた亀甲金網を引き伸ばしながらお使いになる場合でも、金網端部で手が切れるよ
うな事は少なく安全です。(現場等でご自身で切断された部分は針金が突き出たままになる為ご注
意ください)

また、網目も豊富にあり御用途により対応できる事、コストが他の金網に比べうまく企画すればかな
りお安く仕上がる可能性があります。

一般的な御用途としては、養鶏などの家畜飼育用のゲ-ジに張る網、園芸用、アレンジメントフラワ
-向けのチキンネット、建築現場の危険防止用金網、寺社仏閣その他の防諜ネット、一般的な防鳥
ネットなどがございますが、最近では田畑の柵や鳥獣被害対策用向けや、地震やその他自然被害
対策として、建物の瓦やタイルなどを多い滑落防止等に活躍しています。(伊丹市立小学校屋上全
周瓦抑え用に御採用)

また一般の方向けにも簡易的なフェンスをおつくりになる場合などに活躍しています。(ステンレス亀
甲のペ-ジにドッグラン用のフェンスを一般の方がご自身でつくられた事例が掲載されています)

下記に材料の種類別に亀甲金網を分類したペ-ジを御用意しましたのでご覧ください。
外部で長期御使用の御用途向けには、錆びにくいステンレス(SUS304)をお勧めします。
下の画像LINK又は、テキストLINKをクリックして頂きますと亀甲金網商品ペ-ジへ移動します。
亀甲金網は2017年8月1日より値上されました。継続品、個別特別価格で対応していますものについ
ては、当社営業担当者とご相談ください。

ステンレス亀甲金網
ステンレス亀甲金網

亜鉛引亀甲金網
亜鉛引亀甲金網

ビニ-ル被覆亀甲金網
ビニ-ル被覆亀甲金網

銅亀甲金網
銅亀甲金網

亀甲金網別注対応
亀甲金網別注対応


当社は金網卸売商社ですから、価格を記載する事、また一部を除いて切売り販売はできませんが、
る程度のm数をお使いでしたら、市販商品やネットに記載されている亀甲金網販売価格とは、か
なり価格差が出ている実績がございます。お客様のお立場(商社・個人)も踏まえてベスト価格をご
提案しますので当社営業部までお問い合わせ下さい

重要なご報告  2013年11月21日現在  追記:2017年1月

現在、機械や金型、治具等の経年劣化や、熟練職人の高齢化に伴う勇退などの理由が重なり、亀甲
金網の製作が各材質とも欠品や製作時期が全く未定、また今後製作をしないという方向にある金網
が多数出ています。各材質ごとの一覧表は完全に方針が決まり次第変更しますが、取り急ぎ下記の
製品の状況をお知らせいたします。(材質ごとのペ-ジにも記載しています)
また、下記以外で生産が追い付かず一時的な欠品もありますので、事前に現物確認をお願いします。

【お知らせ】 2015年4月1日、すべての材質で13mm目が無くなりましたが、機械、金型などの
新規投入が、需要と全く見合わない為、再生産はなくなりました。ご了承ください。

2017年1月 新たな欠品
ビニ-ル亀甲の黒色が現在在庫がなく需要があまりないので、在庫補充予定がありません。

≪製作が今後できなくなる可能性が高いもの≫

亜鉛引亀甲金網   1.0 X 13mm目  910mmX15m
亜鉛引亀甲金網   1.4 X 13mm目  910mmX15m

ステンレス亀甲金網 0.8 X 13mm目  910mmX15m
ステンレス亀甲金網 1.1 X 13mm目  910mmX15m
ステンレス亀甲金網 1.5 X 20mm目  910mmX15m

≪製作時期が未定のもの≫
亜鉛引亀甲金網   0.45 X  8mm目  910mmX15m
亜鉛引亀甲金網   0.55 X  8mm目  910mmX15m
亜鉛引亀甲金網   0.8   X  8mm目  910mmX15m

ステンレス亀甲金網 0.8  X   8mm目  910mmX15m
ステンレス亀甲金網 0.57X 13mm目  910mmX15m

ビニ-ル被覆亀甲   0.6  X   8mm目  910mmX15m
上記のみ、2015.2.19  生産再開 入荷しました。

銅  亀甲金網     0.5  X 10mm目  910mmX30m
銅  亀甲金網     1.1  X 16mm目  910mmX15m
銅  亀甲金網     1.5  X 26mm目  910mmX30m

以上は、在庫が現在まったくございません。

亀甲金網の端部の耳(耳線)画像


左画像は亀甲金網の幅方向(910mm幅)端部の耳(耳線)の画像で
す。この耳は上下とも幅の両端についていますので、線がほつれる
事も、金網線の切りっ放しによる危険性もありません。

もちろん別注で製作する場合も。その幅なりに耳が両端につきます
から端部の補強にもなりますし、連結時にも便利に使えます。

※ 左画像をクリックしますと大きな画像で見る事ができます。

当サイト内 亀甲金網関係参照ペ-ジのご案内

本ホ-ムペ-ジ内亀甲金網に関するペ-ジのご案内です。その他ご不明点は直接お問い合わせ下さい。

亀甲金網は、亜鉛引線・ステンレス・ビニ-ル被覆線(基本緑色・一部黒色と白色)・銅の線材で製作した
規格品がございます。詳細は上記の材質別各ペ-ジで御確認下さい。

また、当社では亀甲金網は一部印のあるもの以外は、1巻き単位の販売になります。但しm数により市中
での切断売りの価格と当社卸売価格との価格差で1巻きの方が優位になる場合もございますので、是非
ご相談下さい。

当社取扱金網関係詳細デ-タ

【当社取扱材質】
鉄線材 :鉄線・亜鉛鍍金(めっき)線(G1/G2)・なまし・鋼(はがね)線・ビニ-ル被服線・硬鋼線・カーボン線他
鉄板材 :鉄板(SPCC・SPHC-P・SS400・SS41 ) 表面処理鋼板(ボンデ・亜鉛鉄板(SPG)・スーパ-ダイマ)
ステンレス線材 :SUS304・SUS316・SUS316L・SUS310・SUS310S・SUS430・Ni(ニッケル) 他
ステンレス板材 :材質は線材同様。表面仕上(N0.1・2B・BA・HL(ヘヤ-ライン)・鏡面・バイブレ-ション)他
アルミ線材 : 純アルミニウム・アルミニウム合金 他
アルミ板材 : A1050P・A1100P・A5052P・A6063他 アルマイト仕上材・輸入アルミ材 他
その他の取扱金属 : 真鍮・銅・ブロンズ・リン青銅・チタン・インコネル・ハステロイ 他

【当社金網製品加工】
ハサミ切断・ハンドシャ-・台切り・スリッタ-・型抜き・プレス加工・セットプレス・金網曲加工・シャ-リング
曲加工(各種ベンダ-・折り曲げ機・ロール)・レ-ザ-加工・タレパン加工・パンチ加工・セットプレス
旋盤加工・エンドミル切削・ボ-ル盤穴明・各種溶接加工(アルゴン溶接・スポット溶接・半自動溶接他) 他

【当社取扱製品表面仕上】
焼付塗装(アクリル焼付塗装・ウレタン焼付塗装・フッソ焼付塗装・メラミン焼付塗装・粉体焼付塗装・錆止め他)
各種研磨仕上(ヘヤ-ライン・バイブレ-ション・サテン・鏡面他) 
ショット仕上(サンドブラスト・ビ-ズショット他)
アルマイト仕上・電解着色仕上・電解研磨仕上・ワイヤ-ブラシ仕上・各種錆(さび)仕上
各種染色仕上(黒・赤)他

【当社製品寸法の単位表記】
mm(ミリ)・m(1m=1000mm)・尺(1尺=303.03mm)・寸(1寸=30.3mm)・フィ-ト(1フィ-ト=304.8mm)・㎡(平米)
μ(ミクロン) 1000μ=1mm・kg(1kg=1000g)・mesh(メッシュ) 1インチにおける網目数・mm目・φ(パイ) 他

【当社取扱製品のJIS規格】
エキスパンドメタル JIS G 3351 ・ 溶接金網 JIS G 3511 ・ 菱形金網 JIS G 3552
 クリンプ金網 JIS G 3553・亀甲金網 JIS G 3554 ・ 織金網 JIS G 3555
工業用織金網 JIS G 3556 ・ 標準ふるい JIS Z 8801-1

【建設業の許可】
大阪府知事許可(般-26) 板金工事業/内装仕上工事業   2級施工管理技士在籍。

金網どっとネット サイト内LINK

金網関連おすすめサイト


金網屋どっとネット mail@kanaamiya.net   運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
.